Kazuo_Hirai_2021_1111-98-Edit.jpg
messagefrom3-01.png
Recycled Paper_edited_edited.png

8歳の夏。父と映画館で見た「2001年宇宙の旅」。公開当時のポスターは今でも自宅に飾ってあります。その時の感動は今でも鮮やかに覚えています。そんな体験は皆さんにもあるのではないでしょうか。私は両親に多くの感動体験を与えてもらいました。最先端のエンタテインメントと、最新の家電が常に周りにある環境で育ちました。たとえば、大きなブラウン管テレビが当たり前だったあの時代に、5インチの白黒テレビを見た時の衝撃。テレビはこんなにも小さく美しくできるんだ、という感動は忘れられません。色々な歴史上の名所にも連れて行ってもらいました。ライト兄弟が飛行機を飛ばしたキティホークや、南北戦争の戦場として有名なゲティスバーグなど。歴史が変わった現場を訪れた感動も深く心に刻まれました。のちに歴史を学んだ時に、理解が圧倒的に深くなったことを覚えています。
 

そのひとつひとつの感動体験の積み重ねが、自分の人生をユニークなものにしてくれました。それがソニーの社長になるというキャリアを築く礎のひとつになったことは確かです。2018年にソニーの社長を退任して以来、社会の中の一個人としてどのような貢献ができるかを考え続けているうちに、「私が両親から与えてもらったような感動体験を、ひとりでも多くの子どもに提供することはできないだろうか」と思い至るようになりました。その思いを実現するために、一般社団法人 プロジェクト希望(Project KIBO)を設立しました。

 

子どもにとっての感動体験にはすごいパワーがあります。「これがしたい」「こうなりたい」という希望を持つきっかけになります。その希望が、なりたい未来を投影する光になるように。そんな気持ちを込めて、Project KIBOという名前をつけました。感動体験は効果測定や数値化が難しいので、政府や一般的なNPOでは扱いにくい。だからこそ私たちがやる意味があると考えています。これからのProject KIBOの活動をどうぞ楽しみにお待ちください。

IMG_1700.PNG
3セット.png
3セット.png
3セット.png

  WHAT WE DO  

一般社団法人プロジェクト希望(Project KIBO)は、
ソニーグループ シニアアドバイザーの平井一夫が、
数人の仲間と始めるプロジェクトです。


まずは2つのアプローチでスタートします。

ひとつは、子どもの支援活動を行っている団体へのファンディング。

もうひとつは、平井一夫自身が、次世代を担う子どもたちと語り合う場をつくります。


将来的には、感動体験を子どもたちに提供するプロジェクトも企画していきます。

 

  MISSION  

私たちの使命

あらゆる子どもに、
きっかけになる、
感動体験をつくる。

  VISION  

私たちが実現したい社会

どんな環境にある子どもにも
感動体験が行き渡り、
子どもの可能性や能力が
最大限に育まれる社会。
 

  VALUES  

私たちが大切にする4つの考えと行動

01

感動と希望

02

​足を使い耳を傾ける

03

高潔さと誠実さ

04

​継続的な支援

より良い社会を、

今の子どもの、

さらにその先まで残す。

現場に行き、

現場の声を聞き、

ユニークに解決していく。

子どもに誇れる、

嘘のない組織運営をする。

子どもの希望になり、

原動力になる、

感動体験をつくる。

Kazuo_Hirai_2021_1104-178-Edit-Edit.jpg

  HOW WE FUND  

Project KIBOは、平井一夫が一個人の活動によって得た収益を、資金として活用していきます。

 

たとえば、著書『ソニー再生』(日本経済新聞出版)から得る印税や、それに伴う講演などで得られる収入も、すべて寄付します。活動にご賛同いただける方はぜひ拙著をご購入いただけますと幸いです。既にご購入いただいた方には、この場をお借りして御礼を申し上げたいと思います。

「ソニー再生」書影.jpg

ご購入はこちらから

『ソニー再生 変革を成し遂げた「異端のリーダーシップ」』
(日本経済新聞出版)

ACTIVITIES

2022/5

2022/2

2022/1

 

2021/12

2021/11

2021/10

  • 「ICU祭2021 模擬授業」にて講演

 
newsandmedia.png
wedo_kando.jpg

2022/8/2 <プレスリリース>

平井一夫が創設した『感動体験支援基金』、第1回の助成対象団体が決定!総額300万円の資金助成を実施
貧困世帯の子どもが抱える「経験の格差」に着目し貧困の連鎖を断ち切ります。

wedo_20220727.jpg

2022/7/27

認定NPO法人キッズドアの仙台や東京の学習会に通う中高生18名が、キャリア学習の一環として、ソニーグループ株式会社の本社を訪問。一般非公開のショールーム「Sony Square」の見学や社員との交流を通じて、将来について考えるきっかけとなる機会を提供しました。また、代表理事の平井より、時間を有効に使い、将来に向けて備えることの重要性などについてお話をしました。

撮影場所:ソニーグループ株式会社の多様性を活かした「PORT」

wedo_20220717.jpg

2022/7/17

プロジェクト希望が協働しているITおよびデザインプログラム「IFUTO」の開校式に代表理事の平井が参加し、
半年間のプログラムに参加する女子中高生の皆さんに激励のメッセージを送りました。

wedo_ifuto.jpg

2022/7/11 <プレスリリース転載>

認定NPO法人キッズドアによる、女子中高生対象の「大学で学ぶIT&デザインプログラム(IFUTO)」をスタート!
本プログラムに千葉⼤学デザイン・リサーチ・インスティテュートとプロジェクト希望が協働パートナーとして参画し、本年7月17日より半年間のプログラムの実施をサポートします。

wedo_kando.jpg

2022/5/10 <プレスリリース>

平井一夫が創設した感動体験支援基金が活動を開始!子どもたちに “感動体験”を提供するNPOへの資金支援を実施!|公益財団法人パブリックリソース財団 (prtimes.jp)

「感動体験支援基金」をパブリックリソース財団と協同で設立し、子供たちに感動体験を提供する団体の公募を開始しました。(6月10日まで受付)

https://www.public.or.jp/project/f0166/

wedo_202205072.jpg

2022/5/7

認定NPO法人キッズドアの学習支援に通われる子ども、保護者28名を対象にソニー音楽財団とサントリー芸術財団主催の「こども音楽フェスティバル」に招待し「中高生のためのベスト・オブ・吹奏楽」の公演を鑑賞しました。

写真提供:公益財団法人ソニー音楽財団/公益財団法人サントリー芸術財団

wedo_20220402.jpg

2022/4/2

認定NPO法人キッズドアが主催する高校生14名を対象とした「進路セミナー」に代表理事の平井が講演を行いました。
受験を控える高校3年生を対象に自分の夢や進路について考えるきっかけを提供しました。

wedo_20220330-1.jpg

2022/3/30

特定非営利活動法人 Learning For All が運営する拠点に通う中高生10名を対象に「グランツーリスモ」シリーズのレースゲーム(リアルドライビングシミュレーター)を手がける株式会社ポリフォニー・デジタルの東京スタジオの見学会を実施しました。
同社代表取締役 プレジデント 山内一典氏や社員によるゲーム制作における仕事紹介の後、子どもたちとの対談を行いました。
撮影:SIE福井智

wedo_pjKIBO.jpg

2021/12/06

ウェブサイトをオープンしました。 プレスリリースはこちら。 [PDF]

wedo_book.jpg

2021/7/13

書籍 『ソニー再生 変革を成し遂げた「異端のリーダーシップ」』(日本経済新聞出版)が発売されました。

 

お問い合わせ

メッセージが送信されました。